霧ヶ峰50周年!記念インタビュー

霧ヶ峰50周年!記念インタビュー

2017年8月にルームエアコンの世界最長寿ブランドとしてギネス認定に登録された

三菱電機様のルームエアコン「霧ヶ峰」

今回は、それを記念して三菱電機の当社営業担当である谷口氏にインタビューを行いました!

 

 

───この度は霧ヶ峰50周年おめでとうございます。せっかくなので、霧ヶ峰についてのご紹介を

  お願いいたします。

 

【谷口 氏】

ありがとうございます。「霧ヶ峰」は1967年に世界で初めてクロスフローファン

(ラインフローファン)を採用したルームエアコンとして発売いたしました。

クロスフローファンは、長い円柱状の羽で送風する構造で、現在のルームエアコンの標準と

なっております。

現在に至るまで50年以上、先進的な技術で業界をリードしてきた「霧ヶ峰」は、

「クロスフローファンを採用したエアコンの世界最長寿ブランド」としてギネス世界記録に

認定されております。

 

三菱電機が1967年に発売したルームエアコン「霧ケ峰」の初号機「MS-22RA」

 

 

───50年も同じブランドとして愛されているのは素晴らしいことですね。

谷口さんが自ら思う霧ヶ峰の魅力とは何でしょうか。

 

【谷口 氏】

私自身、実家が設備業を経営していたこともあり、学生時代にアルバイトとして父親と

霧ヶ峰の取付をよく行っていたので、とても身近なエアコンでした。

霧ヶ峰の魅力を一言で言えば、体感温度を測るセンサーである「ムーブアイ」や

2つのプロペラファンが2つの温度帯を創り出す「パーソナルツインフロー」といった

独自の高い技術によって、お施主様に寄り添い「快適さや省エネ」を一緒になって考えてくれる

賢いエアコンであること。また、霧ヶ峰は付属品の一部を除いて全て「MADE IN JAPAN」で

徹底した品質管理に於いても「日本のものづくりの心」が入っていることが魅力です。

 

私が商品提案で心がけていることは、お客様のお悩みに単純にお答えするのではなく、

ニーズを正確に把握し、より良いアドバイスをすることです。

霧ヶ峰の機能でお一人おひとりにあった快適な環境づくりのお手伝いをさせていただくことが

私のミッションです。

※谷口 氏

 

 

───確かに、三菱電機様の空調は静岡製作所にて生産されていて、

私達も品質に信頼を置いております。

・・・というか、ご実家は設備業をされていらっしゃったんですね。

 

【谷口 氏】

はい、実家が香川県で父が設備業を営んでおりました。小学生のころから実家の手伝いを

していて、そのころから空調に触れる機会が多くありました。

当時の室外機は今よりも重くて、小さい頃の私にはとても大変だった思い出があります。

大学卒業後は父の会社に務めていたのですが、その後縁あって三菱電機に入社させていただきました。

 

 

───小学生の頃から・・・もう大ベテランの域ですね!

 

 

 

次回は静岡製作所についてお話をお伺いしていきます!!

ページのトップへ