【施工事例】監視カメラの新設

【施工事例】監視カメラの新設

こんにちは。

先日、市内にあるクリニック様に監視カメラを2台新設させていただきました。

DSCN1034.JPG

 

こちらが新設した監視カメラ(パナソニック製)です。

診察室に1台。

DSCN1083.JPG

待合室に1台です。

DSCN1097.JPG

 

そして、こちらがモニターです。

DSCN1088.JPG

DSCN1089.JPG

画質の良さがおわかりいただけるでしょうか?

そしてレコーダーです。こちらの製品は24時間記録しつづけて、約1か月間の記録を保存できます。

更にこのレコーダーは、あと2台までカメラ増設が可能です。

DSCN1090.JPG

 

現在の監視カメラの技術は、一昔前とは大違いで、撮影技術の進歩は目覚ましいものがあります。

例えば、今度紙幣が新しくなりますが、

ここでお札の渡し間違い等が発生するわけです。その記録のための監視カメラは、どの紙幣かまで判別できる精度が求められます。実は、普段気付かない所に監視カメラが設置されてたりします。例えば、コンビニのレジカウンターの真上とか。

今回工事の所要時間は約2時間ほどでした。

監視カメラの工事は、設置よりもセッティングに時間を要します。

例えば、設置箇所は前もって決めてはいるのですが、お客様と現場でモニターの映り具合を確認しながら、現場合わせで最終的な設置位置を決めます。また、セッティングは前もってしているのですが、映像の映り具合等の微調整は、現場で行わなければ出来ません。

配線は天井裏を通します。

今回のクリニック様は、1台で待合室を映す計画でしたが、実際の現場合わせで、待合室・キッズルーム・カウンター内までの撮影をご希望でした。1台でその全てを映すことは難しので、今回は待合室・キッズルーム・カウンターの境界線まででご協議させていただき、仮に後日カメラを増設されることがある場合を想定して、天井裏の配線は長めに取らせていただき設置しました。

特にキッズルームは、大人が目を離した隙に子供の誰かが怪我した場合、責任の所在が問われた際に、その記録が重要になります。

以上、監視カメラが必要な際は、弊社は工事まで承っておりますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいませ。

 

 

 

 

ページのトップへ