【気になること】光ID技術

【気になること】光ID技術

昨日、パナソニックエコソリューションズ社様の展示会を見に行かせていただきました。

 

 

各分野における最新技術の参考出展が多数あり、いろいろと夢が膨らみました!

 

パナソニックが開発した光ID技術は、LED光源を高速点滅させることでさまざまな情報を送信できる技術で、

専用アプリを搭載したスマートフォンのカメラをかざしてID信号(光ID)を高速受信。

受信した光IDを元にアプリがサーバーにアクセスして紐付けられた情報を検索し、画面に表示します。

 

・・・ざっくり言うと、光にスマホをかざすとアプリが光の高速点滅のパターンを判別して

そのIDに沿った情報をアプリ内のデータもしくはクラウド上から引き出してくれる ということですね。

 

 

 

 

カメラをかざして情報を読み取る方法ではQRコードが一番身近ではないかと思いますが

QRコードの場合、かすれてしまうと情報が読めなかったり、ひとつのQRコードに対して

一つの情報しか登録されません。

 

しかし光ID技術では、光の点滅するパターンがIDとして認識されて、そのIDに紐づけされた情報を

アプリが引き出してくれるものとなりますので、IDに紐付けする情報を端末上で変更するだけで

よくなります。

QRコードの様にいちいち作り直して貼り直し・・・という作業の手間も省けますね!

 

また、QRコードはある程度近づかなくてはカメラが認識してくれませんが光ID技術は、

光を発するものの大きさにもよりますが、数メートル離れた箇所からでも認識が可能となっております。

 

・・・と、長々と書きましたが今いち使い道のイメージがつかないと思いますので動画を御覧ください。

 

 

いかがでしたでしょうか。

身近なショッピングなどでも幅広く活用されれば、もっと快適に過ごすことができるのではないかと

考えされられました。

 

 

 

以上です!

 

 

 

ページのトップへ